スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻呼吸の重要性

「仏教への旅」の著者五木さんの知人の娘さんで数年来咳が止まらなくて悩んでた方があった。
検査では何も異常がなく、どんな治療法や健康食品等でも治らなかった。
ところが、あるときふと彼女の息の仕方に気が付いたそうである。

「仏教への旅」中国編から引用

「息を吸うとき、どこで吸ってますか?」
「どこでって、口です」
「吐くときは?」
「やはり口からですね」
と、けげんそうに答えた。
「ずっとそうなさってこられたんですか?」
「たぶん、そうです。ふだん息をするときは、無意識でやっていますし」
そう答える彼女に、私は逆にびっくりした。
「口は食べ物を食べるところで、息をするところではありません」
「え?」
「鼻が息をするところです。口で息をすることは、鼻から食べ物を入れているのと同じですよ。口を呼吸に使うのはお止めなさい。息は吸うほうも吐く方も、鼻だけを使うようにしてごらんなさい」

十分ほど唇をご本人の指でつまんで開かないようにし、鼻だけで呼吸してもらったところ、
何と、あれほど手を尽くしても治らなかった咳が、ぴたりと出なくなったそうです。


ちなみに、私は起きてるときは普通に鼻で呼吸してますが、
寝てるときは口を開いてる、イビキをかくと妻に言われた。
また、中途覚醒の傾向があり、明らかに口呼吸してるようです。

寝てるとき、喉が渇くから、枕元に水を置い寝ます。
しかし、この本を読んで、喉が渇くのではなく、口が渇くことに気が付き、
口にキズテープを貼って寝たところ、口は渇かないし、よく眠れました。
目覚めもすっきりしていて、頭の曇りや体のだるさがありません。

ちなみに、水さえ飲めば1ヶ月位食べなくても死にませんが、
息を止めたら、数分で死にますからね。
息(呼吸法)は一番大事ですよ。


夜中に口が渇く、いびきをかく、目覚めがすっきりしない等は口呼吸の疑いがあります。
口呼吸を止めよう:
http://www.naturalweb.co.jp/mouthb/
http://blogs.yahoo.co.jp/ydpym451/41064535.html


今日の順位を見てみよう。コノエ → 


スポンサーサイト

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

ヨーグルトは健康食か?

病気にならない生き方 2 実践編病気にならない生き方 2 実践編
(2007/01/10)
新谷 弘実

商品詳細を見る

ヨーグルトは本当に健康にいいの?
それは大変な誤解みたいですよ。
なぜなら、ヨーグルト菌は腸内の常在菌ではないから、
腸内細菌のバランスが崩れ、腸相(腸の状態)が悪くなるそうです。

腸まで届くことはいいことか?その逆じゃないでしょうか。
ヨーグルト菌は乳糖を分解してくれるから、
その点では有益な面もあるかもしれませんが、
腸まで届くと、腸内細菌と抗争が起きて、
かえって有害だと思われます。


ちなみに、著者は内視鏡の発明者であり、
日米でおよそ30万例以上の胃腸内視鏡検査と、
9万例以上のポリープ切除術を行っている、
この分野の世界的権威だということもあり、
数年前第1作目を読んだ時納得できたのですが、
何しろヨーグルト大好きだし、やめたくなかったので、
しばらくやめませんでした。

しかし、やめて正解でした。
何が変わったかと言いますと、特に目立った変化はないものの、
1.ピリ辛の料理を食べた翌日、必ず軟便になり、肛門がヒリヒリしてたのが治りました。
●ヨーグルト食べてた頃より腸内細菌のバランスがよくなったからと思われます。

2.塩辛いものや、羊羹みたいに甘味のきついものを食べた後、必ず胸焼けがしてたのが、
いつの間にか治ってました。
●本書には書いてありませんが、多分食道へ胃液が逆流しなくなったからのようです。
胃も荒れてたのかもしれませんね。

納得いかない方は、著者のHPの腸内写真をご覧ください。
※HPへのリンクは許可されてませんが、名前で検索すれば判ります。


今日の順位を見てみよう。コノエ → 




tag : ヨーグルト 健康食 腸内細菌 内視鏡 胃腸

あの世 この世

あの世 この世あの世 この世
(2003/11/21)
瀬戸内 寂聴、玄侑 宗久 他

商品詳細を見る


玄侑 宗久さんによると、アメリカの研究では人は死ぬと数グラムから数十ぎラム軽くなるそうです。また、1グラムをエネルギーに換算すると10の14乗ジュールになるそうです。
10の14乗ジュールと言ってもピンときませんが、なんと25メートルプール529個分の水を瞬時にして沸騰させるほどのパワーだそうです。それ程のパワーなら、たとえば死ぬ間際に親しい人の所へ現れることだって容易にできるのではないかとのこと。

ちなみに、あの世があるかないかは、お釈迦さまも「無記」とおっしゃってます。
「無記」とは、あるともないとも言えない。つまり、あるかないか判らないということです。
両氏も同様ですが、あると思った方が夢があっていいだろうとおっしゃってます。

私もまた、あるかないか判らないと思います。
また、今が苦しいからあの世で救われたいとか、もう一度生まれ変わって人生をやりなしたいとは思いません。

仮に、あの世があったとしても、自分の期待した通りとは限りませし、
誰しも地獄へ落ちるなんて思ってないと思いますが、
地獄へ落ちないという保証はないですからね。

また、あの世に夢をつないでいたら、この世を充分に生き切れない気がするし、
この世を一生懸命生きれば、あの世があってもなくても問題ないと思います。



今日の順位を見てみよう。コノエ → 

tag : あの世 この世

「沈黙の春」

沈黙の春 沈黙の春
レイチェル カーソン (2001/06)
新潮社
この商品の詳細を見る

「沈黙の春」とは、農薬による汚染が進むと、動植物は死に、人や家畜も死んだり病気になったりして、春に草木が芽吹いたり、小鳥がさえずったりすることもなく、春はこないだろうというような意味です。

農薬の危険性に付いては漠然と知ってるつもりでしたが、
本書を読むとそのメカニズムの恐ろしさがよく判ります。

例えば、人間に無害なほどに薄められた農薬でも、度重なる散布で濃縮されたり、食物連鎖を通じて濃縮され、人間の口に入る時は撒いた時の数十倍、数百倍の毒性に変化してる場合もあるし、日光、空気、水等の影響で化学反応が起り、撒いた時とは違う薬物に生まれ変わる場合もあるそうです。

また、地下水や空気に運ばれて思いもやらぬところまで汚染が拡大される場合もあります。水と空気は世界中を循環してる訳ですから、これらが汚染されたいま、たとえ極地・離島・山奥といえども、汚染されてない地域はもはや地球上には存在しないのです。

本書は1962年に出版されています。当時は農薬を使うことが進歩的な農法であり、その害を指摘するような声は殆ど聞かれなかったようです。

その後DDTなど一部の農薬は使用禁止になったものの、「マラソン」など園芸店やホームセンターでも手に入るし、農薬の使用状況は45年前と殆ど変わってないように思えます。また、農薬の種類の増加や遺伝子組み替え品種の開発等で、問題は更に複雑化し、悪化してるのではないでしょうか。

我々の身勝手な便利さ追求のお陰で、農薬や化学薬品汚染、及び温暖化の影響で、生態系がズタズタになり、将来人間自身生きて行けなくなることは必定です。それを回避するには、多少の不便さを我慢しても、もっと豊かな気持になれる工夫が必要でしょうね。



今日の順位を見てみよう。コノエ → 

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

体を温めると病気は治る

「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法 「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法
石原 結實 (2003/03)
三笠書房

この商品の詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
本書では、「生姜紅茶」をはじめとして、ふだんの食事や生活で安全、簡単に体が温まる方法に加えて、症状別・病気別にどんな温め方が一番効果的かなどについて取り上げた。また、「体を温める」ことで実際に治っていった方々の事例も収録。


体を温めると血行が改善するから当然だと思います。
運動やストレス対処法を工夫して血行を改善するとうつ病も改善します。

また、うつ病の原因は脳内のセロトニン不足と考えられていますが、今日の「おもいっきりテレビ」の講師:石原結實先生(上記本の著者)によると、午後3時頃、右脇腹にカイロを貼って肝臓を温めるとセロトニンの生成が促進されるそうです。うつ病改善効果があるかもしれません。
(注:セロトニンは夜は作られないそうです)


今日の順位を見てみよう。コノエ → 

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

tag : うつ病 運動 ストレス 石原結實 おもいっきりテレビ 体温 温める 病気

プロフィール

ヒーラー・あんとく


遠隔伝授
ホームページへ

●遠隔伝授
●レイキのページ
●無料体験
●有料体験(1,000円)
●料金表
●パワー入りストラップ

ブロトモ申請フォーム

●ブロトモ申請

最新の記事
カテゴリ展開メニュー
  • お知らせ(0)
  • ●レイキヒーリング(26)
  • ●ヒーリング無料体験(0)
  • ●レイキ体験集(15)
  • うつ病(2)
  • アレルギー(1)
  • 引きこもり(1)
  • 生理不順・PMS(4)
  • 伝授体験談(2)
  • 1.うつ病のメカニズム(10)
  • 2.うつ病治療法比較(1)
  • 3.レイキで治す(1)
  • 4.エクササイズで治す(5)
  • 5.歯の噛み合わせで治す(1)
  • 6.催眠療法で治す(2)
  • 7.考え方で治す(7)
  • 8.うつ病回復例(2)
  • 9.私のうつ病体験(3)
  • 10.うつ病の本(8)
  • 11.レイキの本(5)
  • 12.癒し・健康の本(7)
  • 癒し健康(23)
  • アンケート(4)
  • 写真:ペット・動物(15)
  • 写真:花・菜園・植物(0)
  • 社会観察(3)
  • 未分類(0)
  • 筋トレ(4)
  • 虫・昆虫(1)
  • カメラ等(1)
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のトラックバック
最近のコメント
RSSフィード
analyzer
メールフォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。